アメリカが日本を狙ったTPP毒素条項の一部

提供: TPPとは問題まとめwiki
移動先: 案内検索

米韓FTA毒素条項[編集]

1.サービス市場は記載した例外以外全面開放

2.牛肉は狂牛病が出ても買い続けろ

3.他の国とFTAを結んだろ、そのFTAの有利な条件をアメリカにも与える

4.自動車の売上下がったらアメリカのみ関税復活出来る

5.韓国の政策で損害を出したら米国で裁判する

6.アメリカ企業が思うように利益を得られなかったらアメリカ政府が韓国を提訴する

7.韓国が規制の証明をできないなら市場開放の追加措置

8.米国企業にはアメリカの法律を適用する

9.韓国はアメリカに知的財産権の管理を委託する

10.公企業を民営化


アメリカが日本を狙ったTPP毒素条項の一部[編集]

1.サービス市場は記載した例外以外全面開放

2.牛肉は狂牛病が出ても日本が規制不可

  買い続けるよう米国が日本を訴える


5.日本の政策で損害を出したら米国が日本を訴える

6.アメリカ企業が思うように利益を得られなかったら米国が日本を提訴する

7.日本が規制の証明をできないなら市場開放の追加措置

8.TPP加盟国企業にはアメリカを中心としたTPP条項に基づく法律を適用する

9.TPP加盟国はアメリカを中心としたTPP条項に知的財産権の管理を委託する

10.公企業を全面民営化