日本と米国のISD条項においての非対称性

提供: TPPとは問題まとめwiki
2013年2月28日 (木) 23:21時点におけるTPP問題まとめ (トーク | 投稿記録)による版 (6版)

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

日本と米国のISD条項においての非対称性

日本[編集]

  • 国際慣習法を超えないことが確立したと信じて、時刻のEPAに盛り込んできた。
  • 仲裁センターがある世界銀行での影響力は強くない
  • 訴訟社会とは対照的な情状酌量社会で裁判沙汰は弱い
  • ISD条項が「修正」されて無害になったと思い込んでいる官僚たちが、この状況の中で楽観論を唱えている。

米国[編集]

  • 国際慣習法を超える仲裁の判定を数多く勝ち取ってきた。このごも裁判次第と見ている。
  • 仲裁センターがある世界銀行を事実上支配してきた
  • 訴訟社会を背景に、裁判沙汰はめちゃくちゃ強い。
  • ISD条項の「修正」は改正ではなくNAFTA自由貿易委員会の意見にとどまると認識して戦略的に考えている。

ttp://www.nicovideo.jp/watch/1320437651 #49:39

東谷暁(ジャーナリスト)まとめフリップ

関連項目[編集]